薬剤師が勤務できる職場とは?

薬剤師求人 > 勤務できる主な3つの職場

薬剤師求人-勤務できる主な3つの職場

薬剤師という仕事は職業柄、周囲のスタッフと協調性がなければいけません。もしも、人間関係に悩みがあるならば「転職する」という選択肢があります。けれども、次から次へ管理薬剤師求人や転職を繰り返しますと職歴が残り「人間的に問題があるのではないか?」と警戒されてしまいます。
パート薬剤師の仕事探しは非公開求人が決め手!

そうは言っても、あなたの性格に合わない仕事場でストレスを蓄積しながら業務をこなすのは精神的疾患を来しかねません。 ストレスが蓄積すると生活習慣病になったり活性酸素が大量に発生してしまいます。老化がすごい勢いで進行してしまうので注意した方がいいでしょう。

人間には、それぞれ向き不向きがあるのです。 「今の勤務先は自分に向いていない」と思ったら転職するタイミングかもしれません。 今は幸いなことに薬剤師の求人は売り手市場で有利です。

無駄なストレスを我慢してまで今の仕事先にしがみつく必要はありますか? 「業務形態」や「人間関係」や「勤務条件」などストレスの原因はいろいろとあるでしょう。 「そういったストレスは転職することで、すっきり解決してくれる」と思います。 ここでは、薬剤師が勤務できる主な3つの職場と具体的な仕事内容をご紹介します。

1番目は<ドラッグストアに勤務する薬剤師>です。 ドラッグストアの店舗で薬剤師は頂点に君臨できます。 店長や登録販売者と協力しながら世の中に役立つドラッグストアを運営する仕事です。 地域社会に貢献できますし、病院薬剤師や調剤薬局薬剤師と比較して年収が高い傾向なので魅力的でしょう。

2番目は<病院薬剤師>です。 一般的に患者様とのコミュニケーションは、あまりないです。 薬剤師が行う業務の中心は在庫担当業務やDI業務です。 (※DI業務=Drug Infomation:医薬品情報業務のこと)

接する機会が多いのは製薬会社のMRや医薬品卸のMSです。 病院で勤務する薬剤師でも民間病院の場合は病棟勤務の場合もあるようです。 (※MS=メディカル・レプレゼンタティブ:医薬情報担当者/MS=マーケティング・スペシャリスト:医薬品卸販売担当者)

3番目は<調剤薬局薬剤師>です。
一般的な人が薬剤師をイメージするのが、この調剤薬局薬剤師でしょう。
・来店した患者様やご家族への受付対応
・お薬手帳の発行
・ジェネリック医薬品の説明
・服薬指導
・処方箋を出した医師への疑義照会
・薬袋への因子
・調剤監査
以上のような専門知識をフル活用した業務があります。

薬剤師が短期間で高い報酬を得るために

薬剤師の免許を持っている人で、正社員ではなく派遣社員で働きたいという人も少なくありません。派遣社員は決まった時間内で働き、自由に時間を使えるイメージがあります。ご家庭の事情や、スキルアップを目指す方などは、派遣社員で働くケースも増えて来つつあります。また、何かトラブルに巻き込まれた時などは、派遣元の社員が入ってくれるために、安心して働けるというメリットもあるようです。

さて、では薬剤師の時給というのはどの程度なのでしょう。一概には言えませんが、一般的な薬剤師の時給となると、2千円から2千5百円程度だと言われています。平均値ということですので、上記以上に貰っている薬剤師さんもいれば、もっと少ない薬剤師さんもいます。現在では見かけませんが、以前は時給6千円という高い金額での求人が、地方で出ていたことがありました。

都心などではこのようなことはありませんが、薬剤師が足りていないような地域では、高い時給の求人案件を見かけることがあります。例を出すとしたら、北海道の函館や高知県、和歌山の白浜など、薬剤師の需要と供給が合っていなかったようです。

派遣社員ということですので、正社員で安定してお仕事をしたいというケースには縁のない話かもしれませんが、短期間働いて、しっかりお金を貯めたいという人にとっては、おすすめの働き方とも言えます。

このような求人案件は地方からその地域に働きにくる人が殆どのため、住居などもその地域で用意されていることも少なくありません。住み込みで働ける、短期間のアルバイト、というイメージかもしれませんね。

上記のような、いわゆる美味しい求人案件というのは、誰でも見つけることができてしまう求人のため、案内が開始されるとすぐに募集枠がいっぱいになってしまいます。ですから非公開求人を狙うのがおすすめです。非公開求人というのはハローワークや求人広告などには載っていない案件のことです。

転職サイトにエントリーすることによって、非公開求人をチェックすることが可能になります。高い時給の求人を見つけたいのであれば、薬剤師専門の転職サイトにエントリーし、コーディネーターに、「高い時給の求人を探している」ということを伝え、非公開求人を紹介してもらうのがベストな方法です。地方で短期間で高い報酬を手にしたい場合は、上手に転職サイトを利用してみてください。

転職希望の薬剤師が利用する転職エージェントとは

薬剤師が今の職場から新しい職場に移りたいとき、転職を効果的に進めるために利用する企業があります。それが転職エージェントです。世の中には様々な転職エージェントが存在していますが、分類するとしたら、大きく二つに分けることができます。

ひとつ目は薬剤師とは関係のない、色々な職業も入っている求人案件を用意した総合転職エージェント、そしてふたつめは薬剤師にターゲットを絞った転職エージェントです。

先の総合転職エージェントに登録するメリットは、薬剤師以外の幅広いカテゴリから職業を探せる事になります。では薬剤師に特化した転職エージェントを活用するメリットはというと、調剤薬局や病院、ドラッグストアなどの、薬剤師ならではの求人案件をたくさん紹介してもらえるということです。

どちらの転職エージェントの場合も、転職希望の利用者のために、転職のプロとも言えるコンサルタントの存在があります。コンサルタントは利用者の悩みや不安に寄り添ったり、転職のためのアドバイスをくれたりと、心強い存在になってくれるでしょう。

薬剤師に特化した転職エージェントであれば、薬剤師の世界の最先端情報をキャッチしているために、コンサルタントと利用者のやり取りが滞ることはないと思いますが、場所によっては残念な転職エージェントもありますので、そこを見極めないと利用者の精神的負担が大きくなってしまうこともあります。

転職活動をスムーズに行い成功に導くためには、ベテランのコンサルタントが在籍する転職エージェントを見つけるのがおすすめです。長い間経営されている実績のある転職エージェントを利用することや、有名な総合薬局が経営する転職エージェントなどを上手に活用してください。

転職活動というのは出来れば短い期間で、終わらせたい物です。薬剤師に特化した転職エージェントを上手に利用することで、中身の濃い、転職活動を行うことができるでしょう。